導入医療機関一覧・ご予約

人生100年時代の中で。
今までになかったやり方で、
ひとりひとりの健康に貢献したい。

BrainSuiteは脳からはじめるヘルスケア。
頭部MRI画像を人工知能(AI)で解析し、
記憶力を司る海馬の健康状態をわかりやすく見える化。
認知機能をはじめ、脳のパフォーマンスを維持するためのサポートを行います。

いつまでも悦びに満ちた人生へ向けて。
脳は変えられる。未来も変えられる。

脳の海⾺体積の「分析」と「育成」を組み合わせた予防医療プログラムです。

  • 集中⼒が落ちている。
  • 取引先や社内の⼈の名前が出てこない。
  • 最近うっかりミスを繰り返してしまう。

これらは、⽣活習慣の乱れが海⾺に影響をおよぼしているかもしれません。

海⾺を知って

理解して

改善できる

東北⼤学加齢医学研究所の研究成果に基づき、あなたの脳の健康維持をサポートします。

東北大学加齢医学研究所の開発・監修

瀧 靖之/医師・医学博士
東北大学加齢医学研究所教授 監修

提携医療機関の一覧はこちら

BrainSuite単独受診14,300円~

※医療機関により異なります

01

海⾺を知る

海⾺をみれば、脳の健康がわかる

海⾺

海馬かいば

海⾺は記憶をつかさどる脳の部位です。記憶力や判断力といった認知機能の低下の兆候は、「海馬の萎縮」という形で最も早く現れることが分かっています。

「海⾺」を精密に測定

「海⾺」を精密に測定

⼩指程度の⼤きさしかない海⾺は、少しずつ萎縮が進んだとしても医師の⽬視による確認では限界があります。
「BrainSuite」は、東北大学の研究成果に基づき、人工知能(AI)を用いて海馬体積や微細な萎縮程度を精密に解析します。

02

理解する

科学的評価を可視化する

健常段階からの科学的評価が可能

健常段階からの科学的評価が可能

東北⼤学加齢医学研究所における8年間の脳の変化を追った脳画像データベース(※)などの脳医学研究の成果をもとに、受診者様の海⾺を科学的に評価します。

※健康脳維持の指標…
東北⼤学で収集した健常な脳の横断データ約3,300例、縦断データ(8年)約650例と⽣活習慣情報を紐づけた「健常⼈データセット」に基づき、個⼈の属性・⽣活習慣などによって脳にどのような変化をもたらすのかを評価します。

海馬体積の経年変化の把握

海馬体積の経年変化の把握

海馬の萎縮には、睡眠不足や運動不足など生活習慣の乱れが深くかかわっている一方、早期に海馬の萎縮に気づき、生活習慣を改善することで、神経細胞が新しく生まれる「神経新生」により海馬体積を増加させることが可能です。
つまり、BrainSuite検査で「海馬を知り」、結果レポートで「理解し」、 生活習慣を「改善する」ことで 健康な脳を維持・向上頂けます。

03

改善できる

継続的な「脳の健康管理」を

「海馬」及び生活習慣の結果レポート

「海馬」及び生活習慣の結果レポート

海馬は、生活習慣の良し悪しにより変化します。
「BrainSuite」の結果レポートでは、あなたの海馬体積の変化をグラフ化し、日々の行動がどのように海馬を増減させたかを把握できます。

MyPage(会員サイト)で管理

MyPageでは、脳の健康管理をサポートするコンテンツを⽤意しています。

オンラインテスト
問診:⽣活習慣をチェックし、海⾺の萎縮や認知機能低下の要因を分析
「のうKNOW®」:脳のパフォーマンスチェック
検査結果の確認
脳の健康を保つ⾏動のヒントなどの情報
オンライン脳健康相談の申し込み

オンライン相談が初回無料

オンライン相談が初回無料

「のうKNOW」(非医療機器):スマートフォン等を用いた簡便なトランプテストによって、脳の反応速度、注意力、記憶力等を、短時間(約15分)でチェック。

「のうKNOW®」公式サイトはこちら

東北大学発加齢医学研究所発の株式会社CogSmartの医師や看護師による結果説明や生活習慣改善のアドバイス等を実施します。
MyPage(会員サイト)よりご希望の日時でお申し込み下さい。

MyPageのログインはこちら

  • 医療機関で頭部MRI画像の撮影
  • オンラインテスト(スマートフォン等で)WEB問診入力(生活習慣等)
  • オンラインテスト(スマートフォン等で)「のうKNOW」(集中力記憶力テスト)

BrainSuite単独受診14,300円~

※医療機関により異なります

計測によってあなたの脳を数値化した上で
脳の健康状態が良い場合には維持のためのアドバイスを、
良くない場合には改善のためのアドバイスを提供します。

※医療機関によって異なります

頭部MRI撮影を行う

※脳卒中など通常脳ドック検査とともに撮像可能です。

ご自宅等

医療機関から結果レポートが届く

ご自宅等

ご希望の方は、MyPage(会員サイト)よりオンライン相談をお申込み下さい

※初回無料

  • 脳ドックと一緒に
    データの蓄積ができる

    61歳 男性/会社員

    もともと高血圧から脳梗塞を発症したことがきっかけで脳ドックを定期的に受診していましたが、妻からその脳ドックと一緒に受けられる脳機能の維持の検査があると知り一緒に受診することにしました。普段から、脳トレの代わりに車のナンバーを足したり割ったりすることがくせになっていたので、この検査で脳のデータを蓄積できるのであれば、今から受診しておこうと思いました。これをきっかけに脳疾患だけでなく、認知機能の低下を予防するための指標を蓄積できるとよいと考えています。

  • 認知症予防のために
    脳健康を維持するきっかけに

    61歳 女性/主婦

    親戚にアルツハイマー型認知症を患っていた方がいて、介護の大変さを見聞きしていたため、認知症や認知機能に関することには関心がありました。ただ、今より高齢になると認知症関連の検査は怖くて受けられないだろうし、症状を自覚しない限り受けることはないと思っていたので、脳検査と一緒に受診できる検査があるのは受けやすかったです。 今後、脳健康維持する方法がよりパーソナライズされるとよいなと期待しています。

  • 海馬の測定が、
    生活習慣の見直しの動機づけに

    44歳 男性/会社員

    知人に勧められてBrainSuite単独で受診してみました。 MRIを撮るため病院に行く必要があるので、検査は少し面倒かなと思いましたが、脳医学に基づいて海馬について知ることができたので、良かったと思います。特に自分は健康意識が高い方だと思うし、競争意識も強いので、海馬の順位が低いのは少しショックであったものの、生活習慣を改善して、順位を今後あげていこうと思うきっかけになりました。 今後、趣味の運動により勤しんで、来年、海馬の順位がどうなっているか測ろうと思います。

  • 仕事も健康も、
    脳からはじまるという気づき

    34歳 女性/会社員

    30代半ばになり、健康意識は日々高まる中で運動や食事など身体の健康には自信がありましたが、脳のパフォーマンスを測るという点は抜けていたなと思い、興味本位で受診しました。仕事も頭を使うことが多く、このままの脳パフォーマンスを維持できるのだろうかと漠然とした不安もありました。海馬の体積や偏差値のように相対比較が明確に示されることで、意識が変わりました。脳は変えられるということは驚きであり、救いでもありました。100年時代、改めて将来のためにも今から自分の脳健康を意識し改善していきたいと思います。

  • 生活習慣を、
    より一層気を付けようという意識に

    58歳 男性/弁護士

    知人の紹介でBrainSuite単独コースを受診しました。年齢的にも脳の健康には関心がありました。最近は、親しくしている人の名前が思い出せないことがあり、記憶力が低下しているのではないかという不安がありました。仕事が忙しく、長年睡眠不足が続いていたため、芳しくない結果を想定していましたが、検査結果は思っていた以上に良く、安心しました。同時に、海馬の萎縮は生活習慣と密接な関係があることが分かり、慢心せず、より生活習慣に気を付けようという意識になりました。生活習慣の改善などで海馬が鍛えられることを知ることもできました。今回の受診を経験し、家族にもBrainSuiteの受診を勧めています。