東北大学加齢医学研究所監修​​

東北大学(CogSmart)

頭部MR画像解析等による

脳健康レベル測定プログラム

BrainSuiteブレーンスイート―

撮像した頭部MR画像の価値を最大化し

脳ドック

受診者のニーズに応える

信頼

東北大学加齢医学研究所の研究成果を中心とするエビデンスに基づいた検査

簡単

院内では撮像した頭部MR画像をアップロードするのみ

導入費無料

従量課金制として、BrainSuite利用回数分のみご請求

ブレーンスイート結果レポート
 

お知らせ

脳ドックに求められているのは
脳血管疾患の早期発見と「プラスα」

頭部MR検診(脳ドック等)により発見できると考えている疾患・傾向として、

約半数の方が「脳萎縮」、1/3の方が「認知症傾向」と回答しています。

頭部MR検診(脳ドック等)により発見できると考えている疾患・傾向

CogSmart調べ
CogSmart調べ

頭部MR検診(脳ドック等)により発見できると考えている疾患・傾向

有効回答:頭部MR検診(脳ドック等)を知る40歳~69歳男女3,773人

2020年12月

(第三者調査機関に委託し、株式会社CogSmartにてアンケート調査)

2060年には高齢者の4人に1人が認知症に

受診者の脳ドックへの期待は「脳健康」の把握へ

従来の脳ドックでは、脳腫瘍・脳血管疾患の早期発見に重点が置かれていました。

他方で、働き盛りの世代 を含めた多くの受診者が、脳ドック受診によって、認知症傾向や脳萎縮、現在の脳の 状態が認知機能の低下を 招きやすいかどうか等、「脳健康」の把握を期待しています。

(*)二宮利治他「日本 における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究」(平成26年度 厚生労  働科学研究費補助金特別研究事業)

これからの脳ドック.png
脳健康
 
BrainSuite

BrainSuiteとは

ブレーン スイート

頭部MR画像等から海馬の体積や微細な萎縮程度を測定し、
将来の認知症リスクを早期段階から評価する、
脳ドック用プログラムです。

BrainSuiteが選ばれる理由

東北大学加齢医学研究所(イメージ)

東北大学の研究成果を中心とする
エビデンスに基づいた検査

東北大学加齢医学研究所の脳医学研究で開発・利用している解析技術とデータベースを実用化したプログラムがBrainSuiteです。

  • 国際論文誌に掲載済みの高速・高精度のAI画像解析技術を搭載

  • 3,000人超の幅広い年齢層の健常者データ(頭部MR 画像及び生活習慣情報)を利用

  • 加齢医学研究所瀧靖之教授が代表及び監修を務める株式会社CogSmartが開発・提供

​信頼

 
簡単(イメージ)

院内では撮像した頭部MR画像を
アップロードするのみ

解析に必要な検査はオンラインテストと頭部MR画像解析です。
オンラインテストは自宅で実施することが可能なため、医療機関ではMR画像をアップロードするだけで、専用レポートを
出力できます。

  • 画像アップロードから専用レポート生成まで約3分

  • 専用レポートは受診者がその後とるべき予防行動まで理解しやすい内容とデザイン

​簡単

BrainSuiteは医療機関向けプログラム

従量課金制として、

BrainSuite利用回数分のみご請求

費用は、BrainSuite利用回数分のみご請求させていただきます。その上で、受診者へのBrainSuite提供価格は、医療機関にてご自由に設計いただけます。

※但し、院内環境等の設定によっては、別途医療機関側でご対応いただく設定がございます。詳細は、下記「導入フロー」の「まずは話を聞いてみる」からお問い合わせください。

導入費無料

 

導入フロー

グループ 96@2x.png

貴院のMRIで解析可能かどうかなど、お気軽にご相談ください。また、ぜひ現場のニーズやご意見などもお聞かせいただけますと幸いです。

BrainSuiteの導入自体は簡単。契約後に専用Webページにログインするだけです。
なお、新検査開始に伴う院内の準備もご支援いたします。