菅原クリニック 東京脳ドック

現役の脳神経外科医が開発した脳トレメソッド。脳&血管&見た目をピカピカに若返らせるのは、毎日の「カキクケコ」習慣!を開発した菅原先生にインタビュー

sugawara_2x.png

BrainSuiteを利用し「正しい認知症の予防法」を届けたい
 

年を取れば脳が老化して、記憶力などの認知機能が低下して、少しずつ物忘れが進んでいくのは当然のこと。そういう意味で認知症は誰でもかかり得る病気・心配しないといけない病気です。
 しかし、正しい予防法を実践することで、認知症になる年齢を限りなく後ろ倒しにすることはできます。
 私はその正しい予防法として、これまで「カキクケコ」メソッドを提唱してきました。今回、BrainSuiteを導入することで、受診者の皆さんにとって、現在の脳の健康状態や認知機能の低下リスクを把握できるようにしました。これにより、「カキクケコ」メソッドをさらに効果的に実践し、継続しやすくなったと考えています。
 当院では、脳の健康状態やリスクを把握し正しい予防法を続けることで、「認知症を予防して、年齢を重ねても元気に、いきいきと生活できる。そして、思う存分人生を楽しむ」、そんな人生の助けになることを目指しております。

脳を元気にする「カキクケコ」メソッド

PICK UP

「カキクケコ」メソッドは、日常の臨床の場面で患者さんから教えて頂いた経験と、最新の脳科学・医学論文などから得た知見を組み合わせて作り上げました。
 

…「嚙む(かむ)」
最高の脳トレは、嚙む!
歯周病は認知症のリスク。嚙むことで海馬は育つ。

…「聞く(きく)」
聞く力を守って、認知症最大のリスクを防ぐ!
難聴は認知症のリスク。聴覚からの刺激は、脳の活性化に重要。

…「口元(くちもと)」
笑う門には福来る。口角を上げて、ストレスを和らげよう!
ストレスは認知症のリスク。口角を上げることで、前向きな気分になり、ストレスが軽減される。

 

…「血管(けっかん)」
脳を守るためには、健康な食事と運動を通して、血管を守る!
肥満や運動不足は認知症のリスク。運動によって、海馬は育つ。

…「交流(こうりゅう)」
人との交流で、いつまでも元気な脳を!
孤立は認知症のリスク。人と交流し刺激を得たり、アウトプットを増やしたりすることで脳の活性化につながる。

チャレンジ
「やってみたかったこと」にどんどん挑戦して、いつまでもワクワクし続けよう!
 

詳しくは…
『認知症予防のカキクケコメソッド(著:菅原道仁)』
https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761274764
 
「カキクケコ」メソッドは、脳の健康をしっかりと保つため認知症予防法であると同時に、あらゆる年齢の人にとって効果的な「脳トレ」であり、「脳に着目した健康増進法」といえます。高齢の方だけでなく、現役世代だけれど、脳を元気にし、仕事のパフォーマンスを上げたい方など、ぜひ実践してみてください。

 

脳の病気にならないためにはどうしたらよいか、
そのアドバイスが重要

 

 当クリニックでは救急医療現場で働いた脳神経外科専門医の経験とエビデンスを元に、皆さんのお悩みに対する正しい診断だけではなく、すばやく症状を改善させる治療を行ってまいります。
 そして、将来、脳の病気にならないためにはどうしたらよいかということまでもアドバイスさせていただきます。
 例えば脳卒中は生活習慣病と関連しているので、予防、早期発見、早期治療が不可欠です。
 そして物忘れ、つまり認知機能の低下も、ストレスや生活習慣その他様々な要因によって進み、ゆくゆくは認知症に進んでしまいうること、その逆に、正しい予防法を効果的に続けることで脳の健康を保つことができることも、それぞれ分かっています。
 そのため、高齢者だけではなく、「最近記憶力が衰えたなぁ」「頭が重いなぁ」と感じる現役世代の方々もぜひお気軽にご来院ください。脳ドックでの画像検査や血液検査結果を元に、脳卒中や認知症にならないため脳の健康増進法のサポートを行ってまいります。

交差 1_2x.png
hd_logo_2x.png

菅原クリニック 東京脳ドック

〒107-6102 港区赤坂5-2-20赤坂パークビル2F
TEL:03-5573-8822

医療機関を詳しく知りたい方はこちら

『認知症予防のカキクケコメソッド』書籍について詳しく知りたい方はこちら